Travel & Gourmetトラベル&グルメ

夢の中に御出現! 摩訶不思議な鳥居をめぐる京の旅

夢の中に御出現! 摩訶不思議な鳥居をめぐる京の旅

2022年5月2日

年輪を重ねるほどに、なぜか突然に旅に出たくなることが増えました。しかも、夜行列車に乗って、旅先の初めて見る地でワインを傾けながら、見知らぬ方々と言葉を交わしたり。鄙びた宿の風情を満喫し、少し温めの温泉に浸り、思いっきり脚を伸ばしながら過去を忘れ、静かに眼を閉じて…。瞼の裏に見えるのは、明るい未来? それとも、詩人になり切っての恋歌?

私は、忘れた頃に旅したくなる「冬の阿寒」が大好きです。『イヨマンテの夜』(イヨマンテとは、アイヌ語で熊祭り、送り儀式を意味します)をアイヌの方々と唄う一体感。かと思えば、宿自慢の田舎料理にひとり舌鼓を打つひととき。「東京からですか?」と声をかけてくれた宿の女将に頷き、道産ワインを愛でる幸せを噛み締める北の大地よ。

ワイン③

凍てつく冬の阿寒岳は、私の心の故郷です。以前にもご紹介しましたが、あの野口雨情も冬の阿寒に恋したひとり。阿寒湖の畔には碑も建立されていますが、この地で雨情と言えばやはりこの美しい作品が頭の中に流れます。

駒は嘶く 釧路の平野 鶴も来て舞ふ 春採湖 遠く雄阿寒 群れ立つ雲は 釧路平野の 雨となる

そして、季節は春へ。今回は敢えて古都・京都を旅しました。なぜに京都かと言えば、「真実の未来を学びたかったら、京都を尋ねなさい」と、とある高名な女性ファッションデザイナーに教わったから。

ところで、ずっと以前から、私はなぜかゼロ(0)から始まる数字の摩訶不思議な奥深さに興味を抱いてきました。考えて見れば、私たちは常に数字に振り回されていませんか? ワインひとつを取っても、ヴィンテージチャートから売り上げまで、とにかく頭の中には数字が駆け巡ります。0、1〜10、百、千、万、億、兆、京、垓、秭、穣、溝、澗、正、載、極、恒河沙、阿僧祇、那由他、不可思議、無量大数。コンピュータ時代の到来を予想していたのように、インドや中国の昔の人々はこんな大きな数字の単位まで考えていたとは驚きますよね。

そんなわけで、ある日、どういうわけか「3」という数字に取り憑かれてしまいました。その数字についてあれこれと考えをめぐらせていたら、その夜、不思議な夢を見たのです。

私は神社にいて、不思議な鳥居を眺めていました。神社には付き物の鳥居は形も色彩も多様ですが、一の鳥居、二の鳥居、三の鳥居があって神様のもとに辿り着きますね。それが、この日の夢の中では、3つの鳥居が重なりあってひとつの鳥居を構成していました。

何と奇妙な、こんな鳥居は見たことがない…と、夢の中の私。しかし、目が覚めて調べてみると、数は少ないながらも「三柱鳥居」は確かに存在するのですね。それを知って、心の底から驚きました。もしかして、神様の思し召し?

さらに調べていくと、京都は太秦の近く、木嶋坐天照御魂神社(このしまにますあまてるみたまじんじゃ)という通称「蚕ノ社」の境内に建立されていることが分かりました。上賀茂神社にて仁木ヒルズワイナリーの春の奉納祭が催された折りに、車で15分ほどのホテルに宿泊する幸運に恵まれ、早速お参りに出かけた次第です。

本殿

夢の中に御出現くださった神様と確信し、まずはご挨拶を。神主さんにお話をうかがうと、大宝元年(701年)以前の創建と考えられているそうです。宮司さんによれば、嵯峨野・太秦周辺は渡来系氏族の秦氏が開拓した地ということで、広隆寺や松尾大社、蛇塚古墳など同じように秦氏ゆかりの神社ではないか…とのこと。

夢に現れた三柱鳥居は、境内の北西隅。元糺の池(もとただすのいけ)という神池がある場所で、現在は涸れていますがかつては湧き水が豊富だったようです。泉に手足を浸すと諸病によいという信仰があったことから、現在は夏の土用の丑の日には特別に水で満たしているのだとか。

さあ、お目当ての三柱鳥居は、この元糺の池の中に建立されています。非常に珍しいものの、このスタイルの鳥居は全国にいくつかあるらしいのですが、本家本元はここ木嶋神社という説が有力なようですね。そこで思い出したのが、かつて、近江商人が掲げていた「三方よし」の経営哲学です。売り手よし、買い手よし、世間よし。自らの利益のみを追求することをよしとせず社会の幸せを願う精神は、もしかしたら三方鳥居と何か関係があるのでは…と、その場で想像の翼を広げたり。

蚤の社

鳥居の不思議、それは私たちには計り知れない謎に満ちた摩訶不思議な世界。木嶋坐天照御魂神社は、創建年月こそ不詳とされているものの、平安時代初期の『続日本紀』には大宝元年(701年)4月3日の条に、神社名が記載されているそうです。私の夢に現れた三柱鳥居は3つの鳥居を組み合わせた威容を誇り、中央の組み石は本殿ご祭神の神座であると同時に宇宙の中心を表わしているようで、四方から拝することが出来るように建立されていました。こちらも創立年月は不詳で、写真の鳥居は江戸時代、今から300年ほど前の享保年間に修復されたもの。一説には景教(約1,300年前に日本に伝わったキリスト教の一派)の遺物ではないかと言われているとか。

古都・京都には、今も解明に至っていない歴史の謎がたくさん存在します。あなたがもし近江商人の「三方よし」を旨とするならば、木嶋坐天照御魂神社に旅してみませんか。きっとよい出逢いと気付きが待っているはずです。

◎所在地:京都市右京区太秦森ケ東町50

Recent Newsトピックス

PAGE TOP

最近見た記事

  • 最近見た記事はありません。