Special Issueビズスタ特集

Engage in a hobby いい趣味があると 休日が待ち遠しくなる

Engage in a hobby いい趣味があると 休日が待ち遠しくなる

2018年5月24日 PR

楽しみが増えると、人生はずっとずっと豊かになる。

仕事に熱中する大人は格好いいが、そんな大人がオフの日に趣味を楽しむ姿はもっと格好いい。

趣味と共にある休日は誰の為でもなく、自分の為だけの時間。

そんな贅沢な時間が日常に潤いを与え、人生を豊かにしていくのだ。

仕事以外に熱中できるものなんてない、そう口にする人も多いだろう。

しかし、熱中できる何かは、ふとしたきっかけで見つかるものだ。

たとえば最高の車と出逢ったとき。その瞬間から退屈な休日が鮮やかに色づいていくだろう。

車の感覚がよくわかる絶妙な目線の高さ

マカンは目線の位置が高すぎず、低すぎず、車の感覚がよくわかる。車に乗り慣れていない人でも扱いやすく、性別や年代を問わず安心して乗れるサイズ感である。また、ポルシェの車には人の動作と車の動きがシンクロするような一体感があり、ごく自然な感覚で心地よく車を操ることができる。しばらくポルシェに乗ってから他の車に乗るとその違いは明白で、もうポルシェ以外の車には乗れなくなるという人も少なくない。車の運転にはさほど興味がないという人もハンドルを握るのが楽しくなるはずだ。

「ポルシェといえばスポーツカー」そんなイメージを抱いている人は多いだろう。特にスーパーカーブーム時代を知る人は、サーキットを駆け抜ける憧れのレーシングカーとしてポルシェを眺めていたはずだ。だからこそ、2002年にポルシェ初のSUV車・カイエンが登場したときは大きな衝撃を覚えたのではないだろうか。実際に当時はポルシェがSUV領域に参入したことへ否定的な声もあったようだ。しかし、そのような反応は日本だけであり、欧米ではごく自然に受け入れられたという。何故ならポルシェは昔からパリ-ダカール・ラリー(パリダカ)など、砂漠を駆け巡るようなオフロードレースに参戦していたからだ。1984年と1986年にはパリダカで優勝を果たしており、欧米ではサーキットだけでなくオフロードに強い車として認識されていたのである。

そんなポルシェがSUV車の開発に乗り出したのは、ごく自然の流れと言えるだろう。こうして登場したカイエンも、既にオフロードレースにおいて輝かしい実績を残している。なかでもその実力を世界に知らしめたのはユーラシア大陸を横断するトランスシベリアラリーである。2008年に行われた大会では、上位6位までをカイエンが独占するという驚くべき快挙を成し遂げたのである。しかし、本当に驚くべきポイントはレース用に開発された専用車両ではなく、一般的なカイエンをベースにした車両でこの成績を叩き出したことだ。通常このようなレースに参戦する車は、億単位のお金をつぎ込み特別に開発される。ポルシェは一般販売されているカイエンとほぼ同じ車で勝利したのである。

SUV車としてのポルシェの強みはバランスの良さだろう。SUV車は車高を高くすることで重心と支点のバランスが崩れ、横転しやすくなるのだが、ポルシェがつくりだすSUV車はそもそもの構造がまったく違うのだ。通常は従来の車をベースにして新しい車が開発されるが、ポルシェの車はすべて一から専用設計されているのである。これはポルシェが自動車メーカーではなく、もともと設計事務所だったことに関係しているのかもしれない。

そして2014年、カイエンの弟分として登場したマカンによって、SUV領域におけるポルシェの存在感はますます高まっていく。ぱっと見の印象はカイエンとほぼ同じように思えるが、実際に比べてみると全長は約20cm、高さは10cmほどマカンの方が小ぶり。ただ、ボディサイズは小さいが走りは兄貴分のカイエンにも決して引けを取らない。むしろ、加速やハンドリングの感覚はマカンの方が優れていると言っても良いだろう。実際に高速道路でアクセルを踏み込むと718と同じような質のエンジン音と躍動感が伝わってくるのである。シルエットはSUV車そのものだが、見えないところにスポーツカーとしてのポルシェも潜んでいるようだ。価格帯もカイエンより抑えられているため、新車であっても600万円台から手にすることができる。よりカジュアルに、より軽快に楽しむにはマカンは最高の車だろう。

ちなみに輸入車は壊れやすいというイメージが定着しているが、ポルシェはこれまでに生産された全車両のうち70%が現役で走っているそうだ。これは70年前にポルシェが初めて生産したスポーツカー356を含む数字である。もちろん消耗していく部品はあるが、本質的な部分や土台が極めて丈夫で、何十年も乗り続けていくことができる車なのだ。2017年に米国の市場調査会社J.D.パワーが発表した米国自動車耐久品質調査においても、ポルシェはブランド別ランキングでレクサスと同率の1位を獲得している。ポルシェは設計はもちろんだが、作り手の技術も優れていると言われており、壊れやすいというイメージはあくまでもイメージに過ぎないのだろう。

大自然の中をダイナミックに駆け巡る姿も、街中を颯爽と走り抜ける姿も絵になるマカン。買い物や送り迎えなど日常的に使える扱いやすい車だが、ゴルフ、サーフィン、スキーといったアウトドアを楽しむ車としても最適である。この一台があればドライブへ、旅行へと、車で出掛ける機会が自然と増えていきそうだ。シーンを選ばないマカンは、それぞれのライフスタイルに合わせて多彩な使い方ができる。きっと、こんな車が人生を豊かにしていくのだろう。

カジュアルに軽快に楽しむ、最強のポルシェSUV

街中もオフロードも爽やかに駆け抜ける。

その走りは、きっと人生を豊かにする。

「ポルシェといえばスポーツカー」そんなイメージを抱いている人は多いだろう。特にスーパーカーブーム時代を知る人は、サーキットを駆け抜ける憧れのレーシングカーとしてポルシェを眺めていたはずだ。だからこそ、2002年にポルシェ初のSUV車・カイエンが登場したときは大きな衝撃を覚えたのではないだろうか。実際に当時はポルシェがSUV領域に参入したことへ否定的な声もあったようだ。しかし、そのような反応は日本だけであり、欧米ではごく自然に受け入れられたという。何故ならポルシェは昔からパリ-ダカール・ラリー(パリダカ)など、砂漠を駆け巡るようなオフロードレースに参戦していたからだ。1984年と1986年にはパリダカで優勝を果たしており、欧米ではサーキットだけでなくオフロードに強い車として認識されていたのである。

そんなポルシェがSUV車の開発に乗り出したのは、ごく自然の流れと言えるだろう。こうして登場したカイエンも、既にオフロードレースにおいて輝かしい実績を残している。なかでもその実力を世界に知らしめたのはユーラシア大陸を横断するトランスシベリアラリーである。2008年に行われた大会では、上位6位までをカイエンが独占するという驚くべき快挙を成し遂げたのである。しかし、本当に驚くべきポイントはレース用に開発された専用車両ではなく、一般的なカイエンをベースにした車両でこの成績を叩き出したことだ。通常このようなレースに参戦する車は、億単位のお金をつぎ込み特別に開発される。ポルシェは一般販売されているカイエンとほぼ同じ車で勝利したのである。

SUV車としてのポルシェの強みはバランスの良さだろう。SUV車は車高を高くすることで重心と支点のバランスが崩れ、横転しやすくなるのだが、ポルシェがつくりだすSUV車はそもそもの構造がまったく違うのだ。通常は従来の車をベースにして新しい車が開発されるが、ポルシェの車はすべて一から専用設計されているのである。これはポルシェが自動車メーカーではなく、もともと設計事務所だったことに関係しているのかもしれない。

そして2014年、カイエンの弟分として登場したマカンによって、SUV領域におけるポルシェの存在感はますます高まっていく。ぱっと見の印象はカイエンとほぼ同じように思えるが、実際に比べてみると全長は約20cm、高さは10cmほどマカンの方が小ぶり。ただ、ボディサイズは小さいが走りは兄貴分のカイエンにも決して引けを取らない。むしろ、加速やハンドリングの感覚はマカンの方が優れていると言っても良いだろう。実際に高速道路でアクセルを踏み込むと718と同じような質のエンジン音と躍動感が伝わってくるのである。シルエットはSUV車そのものだが、見えないところにスポーツカーとしてのポルシェも潜んでいるようだ。価格帯もカイエンより抑えられているため、新車であっても600万円台から手にすることができる。よりカジュアルに、より軽快に楽しむにはマカンは最高の車だろう。

ちなみに輸入車は壊れやすいというイメージが定着しているが、ポルシェはこれまでに生産された全車両のうち70%が現役で走っているそうだ。これは70年前にポルシェが初めて生産したスポーツカー356を含む数字である。もちろん消耗していく部品はあるが、本質的な部分や土台が極めて丈夫で、何十年も乗り続けていくことができる車なのだ。2017年に米国の市場調査会社J.D.パワーが発表した米国自動車耐久品質調査においても、ポルシェはブランド別ランキングでレクサスと同率の1位を獲得している。ポルシェは設計はもちろんだが、作り手の技術も優れていると言われており、壊れやすいというイメージはあくまでもイメージに過ぎないのだろう。

大自然の中をダイナミックに駆け巡る姿も、街中を颯爽と走り抜ける姿も絵になるマカン。買い物や送り迎えなど日常的に使える扱いやすい車だが、ゴルフ、サーフィン、スキーといったアウトドアを楽しむ車としても最適である。この一台があればドライブへ、旅行へと、車で出掛ける機会が自然と増えていきそうだ。シーンを選ばないマカンは、それぞれのライフスタイルに合わせて多彩な使い方ができる。きっと、こんな車が人生を豊かにしていくのだろう。

Model Lineup (左から)

マカン 6,990,000円~

718 6,550,000円~

911 12,440,000円~

パナメーラ 11,620,000円~

カイエン Platinum Edition 9,440,000円~

  • ポルシェセンター名古屋
  • ポルシェセンター名古屋 認定中古車センター
  • ポルシェセンター尾張・岐阜
PAGE TOP

最近見た記事

  • 最近見た記事はありません。