Special Issueビズスタ特集

みんなで「ワオ!」となれる 本場に負けない作品にしたい。

みんなで「ワオ!」となれる 本場に負けない作品にしたい。

2019年3月28日 PR

10代でミュージカル作品に出演して以来、映画や舞台、テレビドラマにも進出。さらには「U」名義での音楽活動、そして昨年はファッションモデルとしてパリコレデビューまで果たすなど、エンターテインメントというフィールドを縦横無尽に駆ける城田優氏。今年で芸能生活20周年を迎える同氏だが、常に「鮮度」を感じさせる活動はサスガのひとことだ。

6月より上演が始まるブロードウェイミュージカル「ピピン」の日本語版での主演を務めるなど、これから夏にかけて話題を一身に集めそうな予感。そこで今回は、この注目の舞台について、ご本人に見どころなどを伺った。

―2013年に新演出でブロードウェイに帰還した「ピピン」は、同年のトニー賞でミュージカル部門・最優秀リバイバル作品賞を含む4部門を受賞しました。城田さんは、6月から始まる日本語版で主役を演じられますが、まずは簡単に、内容を。
このミュージカルをひとことで表すなら「旅」ですかね。楽しいこと、辛いこと、悲しいことなど、山あり谷ありの人生で味わう感情の描写がとても印象的なんですよ。それらがアクロバットやダンス、歌で表現されるので、最初から最後まで楽しんでいただけると思います。

― 城田さん演じるピピンは、王子なんですね。
はい。王子が自分探しの旅に出て、さまざまな人々に出会いながら、彼自身の感覚や考えを成長させていくという流れが物語の軸になっています。

―城田さんご自身が個人的に印象に残る部分はありますか?
人と人との関係については、改めて考えさせられましたね。周囲の誰かとの交流が自分の人生に大きな影響を及ぼすことって、実は意外に多いですよね。バタフライエフェクトのように、小さい羽ばたきが結果的に大きな風を起こしてしまう可能性だって、大いにあります。最近、そういうことを痛切に感じるようになりました。

―なかなか深いお話のようですね。
哲学的な部分もありますが、むしろ壮大なダンスとアクロバットの楽しさに目を奪われるんじゃないかなと思います。決して堅苦しくはなくて、とても見やすい物語なんですよ。

―ピピンという人物の印象はいかがですか?
まっすぐな性格で、好奇心が強いけれど、恐怖心も拭えない。王子様ながら人間らしい感情が豊かで、そのぶん意思が固まらず優柔不断。きっと皆さんもご共感いただける「普通の人物」だと思います。

―ご友人のクリスタル・ケイさんが共演されるそうですね。
ええ、私からお誘いしたんです(笑)。お互い今年で芸能生活20周年なのですが、彼女はカリスマ性に満ちた歌が歌える女優さんなので、ピピンを引っ張り回しながら物語に魔法をかける役どころにピッタリだな、と。ぜひご期待いただきたいですね。

―ケイさんは、今回が初のミュージカル挑戦なんですね。
新鮮ですよね。歌は当然ですが身体能力が高いですし、エキゾチックな雰囲気も持っている方なので、「ワオ!」というサプライズをお届けできるはずです。誰も見たことがない、素晴らしいミュージカルになると思いますよ。

―最後に、注目ポイントを教えてください。
まず、ミュージカルとしてはアクロバットが多い作品です。私自身、ブロードウェイで初めて見た時に感動したのですが、今回はキャストだけが日本人で、演出も振付も現地のクリエイターチームが担当するんですよ。敢えて本場と同じ振付、同じ物語で、オリジナルのブロードウェイに「勝ちに行こう」と(笑)。
世界でも最高峰クラスのスーパークリエイターたちが参加する作品ですので、ひとつひとつの公演が勝負です。ぜひ皆さんにご覧いただきたいですね。

俳優 城田 優 さん
1985年12月26日生まれ、東京都出身。2003年に俳優デビュー以降、ドラマ、映画、舞台など幅広いジャンルで活躍。多くの話題作に出演し、舞台では2010年にミュージカル「エリザベート」で第65回文化庁芸術祭「演劇部門」新人賞を受賞。その後も2015年と2016年もトート役を演じ、2015年には第6回岩谷時子賞奨励賞、2016年には第23回読売演劇大賞優秀男優賞を受賞、2018年にはミュージカル「ブロードウェイと銃弾」で第43回菊田一夫演劇賞など多くの賞を受賞している。ブロードウェイ、ロンドンのウエストエンドで活躍する世界のミュージカル・スターが出演する公演「4Stars」には初演の2013年、2017年と連続して出演している。また昨年にはミュージカル・カバー・アルバム「a singer」を発売した。今年は「ピピン」日本語版出演の他にも、11月にミュージカル「ファントム」で主演のみならず演出も手がける。そして山崎育三郎さん・尾上松也さん・城田優の3人による新プロジェクト「IMY」(アイマイ)を結成し、4月20日には旗揚げコンサートが開催される。

ブロードウェイミュージカル「ピピン」日本語版
2013年新演出版「ピピン」にてトニー賞4部門を受賞したクリエイティブチームが、日本語版制作のために集結!主役に城田優と、ミュージカル初出演のCrystal Kayを迎え、日本人オリジナルキャスト達が、ブロードウェイのスタッフとともに、最高の舞台をお届けします!若き王子ピピンの成長を軸に、圧巻の歌やアクロバット、ダンス、そして感動的なストーリーが繰り広げられる。

大阪:7月12日(金)~7月15日(月・祝) オリックス劇場 他、東京・名古屋・静岡にて公演
【出演】城田 優、Crystal Kay、今井清隆、霧矢大夢、宮澤エマ、岡田亮輔、中尾ミエ/前田美波里(Wキャスト)他
【お問合せ】キョードーインフォメーション 0570-200-888 (10:00~18:00)
【公式サイト】http://www.pippin2019.jp

PAGE TOP

最近見た記事

  • 最近見た記事はありません。