Special Issueビズスタ特集

スペシャルサポーター・篠原涼子さんが語る シルク・ドゥ・ソレイユ 『キュリオス』の魅力。

スペシャルサポーター・篠原涼子さんが語る シルク・ドゥ・ソレイユ 『キュリオス』の魅力。

2018年7月26日 PR

人間の持てる能力の限界まで追求したパフォーマンスと、生演奏、衣装、舞台美術に至る全てにこだわり、高次元な 芸術性のもとにそれらを融合させたエンターテインメント 集団、『シルク・ドゥ・ソレイユ』。そのシルク・ドゥ・ソレイユ 創設30周年記念作品「キュリオス」大阪公演がいよいよ 7月26日に開幕!
今回は、先ごろスペシャルサポーターに就任した女優の 篠原涼子さんにインタビュー。『キュリオス』の見どころを 訊いた。

—『キュリオス』のスペシャルサポーターを務めておられる篠原さんですが、もともとシルク・ドゥ・ソレイユの大ファンだったそうですね。
ええ、これまで何度も会場に足を運んでいます。シルク・ドゥ・ソレイユの幻想的な雰囲気が好きなのですが、それに加えて出演者の皆さん全員が命がけで演じておられるのが伝わってくる緊張感が素晴らしいです。メイクや衣装の芸術性も含めて、まるで異空間にいるような感覚を味わえるので、昔から大好きなんです。
ですので、『キュリオス』のスペシャルサポーターというオファーをいただいた時には、もう嬉しくて嬉しくて。もちろん即答でお引き受けしました。

—『キュリオス』もご覧になりましたか?
はい、もちろん。すでに2回拝見して、言うまでもなく大興奮でした。
『キュリオス』は、シルク・ドゥ・ソレイユの中でも少し変わった雰囲気なんです。ジャンピングの場面もたくさんありますし、本当に美しくて煌びやかで、全編が見どころと言いますか。音楽も華やかで、ワクワク感、ドキドキ感が凄いですよね。本当に楽しい作品だと思います。

—盛り上がるシーンが多いですし、観客との 一体感も強烈ですよね。
そうなんですよ! 音楽もノリノリですから、思わず身体が揺れてしまいます(笑)。
あと、みんなの気持ちが一体になる空気感も心地よいです。扉を開けて中に入れば、自分自身も素敵な色に染められるような気分を味わえますので、ぜひ劇場でご覧になることをおすすめしたいです。

—シルク・ドゥ・ソレイユを初めて観た時のご感想はいかがでしたか?
ただただ圧倒されました。「こんなに凄い人たちがいるんだ!」という驚きで、もう胸がいっぱいで。初めてセットを観た時の感動も忘れられません。もう、見惚れました。

—これからご覧になる方々に「ここに注目して欲しい」という点は?
まず、出演者の方々のパフォーマンスですね。皆さんワクワクしながらお出かけになると思いますが、そんな私たちの期待が裏切られることはありませんので、ぜひ安心してご覧いただきたいです。
シルク・ドゥ・ソレイユは、こうしたショーに慣れておられない方でも、飽きることはまずないはずです。とにかくひたすら楽しい時間となりますので、「覚悟して来てくださいね」とお伝えしたいです!

—では、シルク・ドゥ・ソレイユのファンの方々へのメッセージも含めて、『キュリオス』の見どころを。
過去の上演作品とはまたひと味違う雰囲気を楽しめますが、「期待を裏切らない」「感動に包まれる」「夢に浸れる」といったシルク・ドゥ・ソレイユの特徴はそのまま引き継がれていると思います。開演と同時に物語の中に入り込んで、驚きの連続に夢中になって、最後は深い感動にグッとくる…そんなシルク・ドゥ・ソレイユならではの魅力が詰まった公演ですので、ぜひたっぷりとお楽しみください。

 

篠原 涼子 さん
1973年8月13日、群馬県生まれ。’90年デビュー。女優、歌手としてTV、映画、舞台と幅広く活躍。代表作はドラマ『アンフェア』『ハケンの品格』『ラスト♡シンデレラ』『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』他多数。映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』が8月31日、『人魚の眠る家』が11月16日全国公開予定。

シルク・ドゥ・ソレイユ創設30周年記念作品
ダイハツ キュリオス 大阪公演
期間:2018年7月26日(木)〜10月29日(月)
会場:中之島ビッグトップ(特設会場)
お問い合わせ:ダイハツ キュリオス大阪公演事務局
0570-200-889((オペレーター対応 10:00~18:00))

PAGE TOP

最近見た記事

  • 最近見た記事はありません。