Special Issueビズスタ特集

煌めくクォリティ、品格のメルセデス。

煌めくクォリティ、品格のメルセデス。

2017年11月23日 PR

海辺のリゾートに生まれた
新感覚のショールーム

ヨットハーバーをオレンジ色に染めた夕陽が沈み、中世ヨーロッパの面影を映した路地に灯がともり始めると、和歌山マリーナシティは一変する。11月初旬から開催されている「フェスタ・ルーチェ」が街並みを華やかな光で染め上げるのだ。
その和歌山マリーナシティの一画に、天井まで届く窓がずらりと並んだ、のびのびとしてリゾート感あふれる建物が佇んでいる。こちらは、今年7月に誕生したばかりの「メルセデス・ベンツ和歌山」の新ショールームだ。自動車のショールームといえば、一般的には「主要幹線道路に面しているもの」というイメージがあるだろう。それをあえてこのような立地にしたのは、お客様が初めてメルセデス・ベンツに出会う高揚感を大切にしたいという思いからだった。
世界で最も愛されるブランド、メルセデス・ベンツ。その120年の歴史は、そのまま自動車の歴史でもある。1886年、ドイツの技術者、カール・ベンツが発明したガソリンエンジン動力の3輪自動車「モトールヴァーゲン」にドイツ政府から許可が下りたその日が、自動車がこの世に生まれた瞬間だとされているためだ。以来、走行性能と安全性、そして機能美を追求し続け、他の追随を許さない地位を築き上げたメルセデス・ベンツ。若い頃から憧れたこのブランドのオーナーになりたいと、ショールームに足を運ぶ人も多いだろう。その胸の高鳴りに呼応するため、この開放感あふれる地が選ばれた。和歌浦湾に向かって車を走らせ、大きな吊り橋を渡る。ヨットハーバーの景色が目の前に現れ、ゆったりとしたリゾートの空気に包まれる。そんな優雅な気分に浸りながらメルセデスと対面できる、他に類を見ないタイプのショールームである。

本格フレンチ店を併設した、洗練のショールーム。

のびのびとした空間だからこそ
リアルな魅力が伝わる

約1800坪の敷地に、延床面積は1000坪以上。天井の高さは8メートル以上、長さは約51メートルの、ガラスウォールに囲まれた巨大なショールーム空間。中にいながら外景が存分に楽しめるようになっており、最大13台のメルセデスが展示可能だ。この設計は、実は「よりリアルに車を見てもらいたい」という思いが込められている。天井が低く狭いショールームで実施阿の車のサイズを体感するのは難しいが、この広い空間に車を置くことで「よりリアルに屋外にいるように車を見てもらう」という狙いがあるという。太陽光に近い光量の照明も用意され、どの色が自分に似合うのか、洋服を選ぶように選べる。さらにこちらでは、屋外にも展示スペースを設けており、内外合わせて24台の車両が展示可能。ショールームの周りには緑の小径を設け、散策を楽しみながらゆったりと車を吟味できるのがまたいい。

kansai_tokusyu2

 

kansai_tokusyu5

kansai_tokusyu6

「美味しくなければ意味がない」
強い信念が生んだ本格レストラン

そんなショールームと水景を挟んで設けられているのは本格的なレストラン「Küche(キュッフェ)」である。「とにかく美味しい料理を出したい」という強い思い入れを実現するため、監修・指導を依頼したのは、赤羽橋・東京タワー下にあり、有名人も足しげく火曜フレンチレストラン。オーナーの佐藤氏が友人と、脚本家で美食家としても有名な小山薫堂氏の3人で始めたレストランだ。その厨房で研鑽を積んだシェフが腕をふるい、ソムリエやパティシエ、管理栄養士まで常駐し本格フレンチを提供してくれる。
自家菜園のハーブや、限られた生産者からの厳選素材のみを使用。肉も、例えば希少な熊本の赤牛など、旨みがしっかりと感じられる実に美味な素材を選ぶ。こうしたこだわりは着実に人気を呼び、今ではレストランだけを目当てに来る客も多く、平日でもすぐ満席になってしまうほどだ。高く大きく開く窓から見える水景と緑が心地よい。食事を楽しみながら、屋外に整然と並んだ美しいメルセデスが眺められるのは、車好きにはたまらないだろう。食事しながらじっくりと車を眺め、食後の散歩がてらショールームに入る。そんな新しい利用の仕方をする人も増えているという。
なお、「Küche」のディナーは要予約だ。朝から仕込みを始めるという手の込んだフレンチの数々を味わってみたいなら、前日までに店に連絡を入れておこう。素晴らしい味との出会い、素晴らしいメルセデスとの出会いが、あなたを待っているかもしれない。

kansai_tokusyu3

kansai_tokusyu4

 

Mercedes-Benz Wakayama

開放感あふれる海辺のロケーションを満喫できる和歌山マリーナシティに誕生した、メルセデス・ベンツ和歌山の新しいショールーム。Drive(ドライブ)、Dining(ダイニング)、Discover(ディスカバー)という3つのDをコンセプトにした体感型エンターテイメント・ショールームだ。これまでメルセデスになじみがなかった人も、気軽に立ち寄ることができる施設となっている。

map

メルセデス・ベンツ正規販売店 メルセデス・ベンツ和歌山
和歌山県和歌山市毛見1535−5
TEL/073−445−5556
年中無休(年末年始除く)
営業時間/9:00〜19:00

 

カフェダイニング「キュッフェ」
和歌山県和歌山市毛見1535−5
TEL/073−445−3300
年中無休(年末年始除く)
営業時間/9:30〜Close(Lunch11:00〜14:00、
Dinner18:00〜Close(LO21:00))

 

PAGE TOP

最近見た記事

  • 最近見た記事はありません。