Otherその他

公益社「まごころ葬儀の創造」で終活を考える

公益社「まごころ葬儀の創造」で終活を考える

2019年3月29日 PR

できれば考えたくない。だからこそ、考えるべきこと。

仕事でも旅行でも、大事なことは事前にどこまで準備できるかで、成否の道は大きく分かれる。ビジネスパーソンであれば当然の話だが、どれだけ慎重なタイプでも、ひとつだけ準備不足に陥りがちなことがある。それは、「葬儀」だ。

家族が不意に亡くなった時に準備不足であるのは仕方ない面もあるが、そろそろ考えなくてはと思っていても「生前に死亡時のことを相談するのは不謹慎」と感じてしまい、準備自体に着手しにくいという事情もある。だが、たとえば病院で亡くなった場合は長時間の安置が困難なことが多いため、本来は葬儀に備えてどこへ移動するかを考えておくべき。安置室のあるセレモニーホールを探しておけば、個室の中で誰の目をはばかることなく故人と、悲しみと向き合うこともできる。だが、それを「事前に」決めること自体が、なかなか難しいのだ。

また、最近の潮流でもある小規模な葬儀を選ぶ場合は、家族と親戚だけで行うのか、友人も呼ぶのかによって参列者数がまったく違うため、「すべきこと」「選ぶべきもの」の内容は大きく異なる。当然、費用もそのひとつだが、予備知識も事前準備もない状態で金額を提示されても、相場を調べる余裕はない。葬儀会社によって「インクルードか、オプションか」が異なるサービスも多く、気がつくと葬儀用にと用意しておいた貯えで収まらなくなる事態も起こり得る。知らないまま進めると、マイナスのスパイラルに陥る可能性を否定できないのだ。

ただでさえ身近な人を失った悲しみの中にいるのに、知識や準備の不足によってさらに悔いを残すケースも少なくない。現在はインターネットで容易に情報を取ることができるが、ネットの情報は玉石混淆だ。有意義な情報を見極めるためには、ある程度の知識が必要になる。

何かと不透明感を拭えない「葬儀」だが、最近では改めようとする動きもある。喪主や遺族の心配を解消すべく、進行から費用まで親身に相談に乗ってくれる葬儀会社が増えているのだ。そこで今回は、その代表格とも言える老舗「公益社」を例にとって、現代の葬儀を考えてみよう。

創業86年超。「まごころ葬儀の創造」を掲げる、信頼の葬祭ブランド。

1

考えたくないからと避け続けた結果、家族を失った悲しみ以外にも、さらなる悔いを残してしまうこともある…。葬儀にも事前の準備が必要なことは分かったが、ではどこに相談すればよいのか。

かつては近所の住人同士で助け合った冠婚葬祭。しかし地縁が薄れる現代、特に都市部の葬儀では、専門会社のサポートを受けるのが王道だ。表紙で紹介した「公益社」は、創業以来86年超の歴史を誇る老舗企業。年間1万件を超える葬儀を預かるという実績も凄いが、ビジネスパーソンであれば東証一部上場企業傘下の葬祭ブランドであることを知れば、その安心感は増すだろう。

同社が重視するのは、「大切な人とのお別れ」に向き合う人々の気持ちに対する配慮だ。残される側が悔いなく故人を見送り、日常生活に戻るまで静かに寄り添う。出過ぎず、だが傍にいてくれるという安心感は、想像以上に心強い。
では、駆け足となるが、同社のサービスを例にとって現代の葬儀を俯瞰してみよう。

故人の安置から出棺まで、すべてを完結できる自社会館

上記でも軽く触れたが、病院で亡くなった場合は遺体の安置先を別に用意する必要がある。法律で「逝去から24時間は火葬不可」と定められているため、たとえ家族葬であっても葬儀までの間、安置場所が必要となるのだ。しかし、最近では様々な事情により自宅に戻れないケースも多い。そこで公益社では、自社会館内に安置室を用意。24時間365日、深夜や早朝でも車両を用意し、逝去先まで迎えに来てくれる。速やかに移動し、安置室で線香を立て、最後の対話に心を尽くす。このように、「何の心配もなく、きちんと悲しむことができる」環境を用意することは、実はこの葬儀社の大きなポイント。無言で思いに耽りたい、感情が昂ぶれば抑えずに号泣したい。そんな想いに寄り添うからこそ、デリケートな時間を過ごせる場所の確保を重視しているわけだ。

同社会館内には、通夜から葬儀まで利用できる控室が用意されている。浴室や会食室もあり、仮眠のための設備なども完備しているので、家族はもちろん遠方から駆けつけてくれた親類縁者の方々にも礼を尽くすことができる。遺体の安置から通夜、葬儀・告別式、そして出棺まで、大きな移動なく安心して過ごせる点は特筆すべきだろう。一連の流れをほぼひとつの場所で完了できる環境は、家族や参列者の体力的な負担だけでなく精神的な疲労まで軽減してくれるので、とてもありがたく感じるはず。もちろん、その後の火葬や精進落としまで、しっかりサポートを任せられる。

なお、宗教者の手配が必要な場合には、同社から紹介を受けることも可能だ。宗教や宗派を踏まえて相談にのってくれるだけでなく、紹介料なども一切ないそうなので、こちらの面でも安心だ。

丁寧な説明、打ち合わせ安心の源流は「人」の存在

5
もうひとつ、ぜひチェックしておきたいのが、費用面の話だ。葬儀では、式場の規模から通夜振る舞いの内容まで、あらゆる要素が総額に影響する。計算を簡易化するために「一式でこの金額」という曖昧な見積を提示されることが少なくないが、公益社は「『一式』の詳細についてきちんと説明を受けるべき」と指摘する。

同社は、事前の無料相談から葬儀後まで、喪主や遺族に寄り添うトータルなサポートを標榜している。そこで、葬儀の世界においては常識とされるような基本的な内容も含め、あらゆる質問に答える準備を整えているという。たとえば、「家族葬は一般的な葬儀と何がどう違うのか」「お別れの会など一般的ではないスタイルで見送りたいがどこまで可能なのか」といった疑問にも、個別事情を加味しながら納得のゆくまで説明してくれるので、実にありがたい。

さらに、葬儀後のアフターサポートにも注目したい。インターネットで一般的な体験談などを読むと「満足のいくサポートを受けられなかった」という不満の声を見かけるが、同社は明らかに一線を画す。と言うのも、事後のサービスに特化する専門部署まで用意されているからだ。

また、公益社には、厚生労働省認定の資格試験合格者である「葬祭ディレクター」が昨年11月末時点で261名も在籍している。彼らは、言葉使いやマナーはもちろん、専門知識を備えた葬儀のプロフェッショナル。私たちのような一般人は葬儀を仕切る経験に乏しく、特に初めて喪主を務める際などは「何を質問したらよいのかも分からない」というケースが非常に多い。実際に当事者になると、不安や疑問をどう伝えればいいのか、言葉にできない人がほとんどなのだそうだ。そんな私たちのために、公益社の葬祭ディレクターたちはとにかく丁寧な打ち合わせを重ねてくれる。必要に応じて遺族と話し合い、故人の生前の人柄を考慮し、予算や要望を踏まえて葬儀内容を提案してくれるので、こちらで考えることは最小限に抑えることができるわけだ。

いざその時になると、喪主や遺族は動揺したり混乱したりするものだ。それでも、私たちの状況を見極めながら、心をつくしてくれるプロフェッショナルの存在。実は「困った時は彼らに頼れるのだ」と予め知っておくこと自体が、「事前の準備」そのものともなるのだ。

信頼できる相談先を持てば自力の準備以上に安心

上には「事前の準備が大切」と書いたが、信頼できる葬儀会社を知っておけば、自力の準備以上に心強いにちがいない。近所同士の付き合いが薄い現代社会では、むしろこちらの方が重要だろう。

前述した公益社の場合なら、要望などへの対応力や費用の透明性といったサービス面のほか、実績面や展開エリア、企業体力の面でも申し分ない。また、資料なども多数用意されているので、目を通した上で一度相談しておけばより安心だ。

あとは、「場所」だ。代表的な会館のアウトラインを確認しておこう。

 

 

>>JR「高円寺駅」徒歩2分の便利な立地「高円寺会館」
「終活ファイル」をプレゼント!

「終活ファイル」をプレゼント!

株式会社 公益社
TEL: 0120-347-556TEL: 0120-347-556

Recent Newsトピックス

PAGE TOP

最近見た記事

  • 最近見た記事はありません。