Health & Beautyヘルス&ビューティー

国内初!次世代の新たに進化した再生医療を、リペアセルクリニックが提案!

国内初!次世代の新たに進化した再生医療を、リペアセルクリニックが提案!

2024年2月1日 PR

第一線のアスリートも受診するトップクラスの再生医療クリニック

日本国内での再生医療は、治療の妥当性や安全性、医師体制などが厚生労働省で厳しく審査されている。承認へのハードルは高く、まだ数は多いとは言えないのが現状だ。そんな中で、すでに疾患・免疫・美容という3分野すべてで自己細胞を用いた先進医療を可能としているのが、多数の一流アスリートたちも受診する『リペアセルクリニック』だ。もとは大阪市内で開院したクリニックだが、メディアなどで再生医療への関心が高まるにつれ、関東からも続々と反響が舞い込むようになったことを受け、東京院を開設。症例数は8000例を超えるまでになり、12月には新たに札幌院が開院した。

関節幹細胞投与数トップクラスの当院では、投与の都度幹細胞を培養し冷凍せずに保管・管理し、さらに独自の分離シートを用いて培養する。このようにして元気な細胞を投与できるのはリペアセルクリニックだけではないだろうか。

厚生労働省が承認!さらに進化した新しい関節症治療

軟骨がすり減ることで痛みが出る変形性ひざ関節症や変形性股関節症 は、その軟骨の下にある骨「軟骨下骨」が損傷して初めて痛みが出現する。そもそも軟骨自体には神経がなく痛みを感じない。軟骨下骨に神経が通っているため、傷みを感じるのだ。 軟骨下骨には、軟骨を作るための土台の役割がある。この土台が損傷や欠損していると、幹細胞を多く投与しても軟骨は再生されにくい。例えるなら、 畑の土壌とそこで取れる作物の関係に近い。土壌の面積が大きいほど作物もたくさん収穫できるが、土壌がない所に作物は育たない。関節の軟骨の再生も同じで、軟骨下骨(土壌)が再生されなければ、その土台の上に軟骨(作物)は再生されない。いかに大きな面積の軟骨下骨を再生させるかで、軟骨の量も決まってくる。 従来の幹細胞による再生医療と比べ、高い抗炎症作用によって幹細胞の再生能力を最大限に引き上げ、より多くの軟骨下骨の再生及び軟骨の再生が可能となる。

次世代の新しい再生医療である『軟骨下骨誘導幹細胞による関節の治療』とは、軟骨の土台となる軟骨下骨の再生を積極的に誘導することで、できるだけ多くの軟骨を再生させることを可能にし、さらに関節の痛みに対しても強い効果が期待できる画期的な治療法といえる。

>>公式HPはこちらから

リペアセルクリニック 東京院
東京都港区海岸1-16-1 ニューピア竹芝サウスタワー PIER MALL 3F
リペアセルクリニック 大阪院
大阪市福島区福島1-1-51 堂島クロスウォーク4F
リペアセルクリニック 札幌院
札幌市中央区大通西5-10 ザイマックス札幌大通ビルB1F
TEL.0120-766-313(受付時間10:00〜18:00)
診療時間/10:00〜18:00(完全予約制)
休診日/不定休

カウンセリング(3300円+税)が無料!

カウンセリング(3300円+税)が無料!

リペアセルクリニック
TEL: 0120-766-313TEL: 0120-766-313https://fuelcells.org/

Recent Newsトピックス

PAGE TOP

最近見た記事

  • 最近見た記事はありません。