Mono & Fashionモノ&ファッション

都心のレクサスファンに、新たなる聖地

都心のレクサスファンに、新たなる聖地

2019年9月26日 PR

 レクサスオーナーになる夢を後押ししてくれる、中古車専売の新拠点

2005年、あの衝撃的な逆上陸から、もう14年が経過した計算になる。北米で大成功を収め、日本凱旋を果たした「レクサス」は、いまやすっかり高級車の顔となった。名門同士が白兵戦を展開する、群雄割拠のプレミアムクラス市場。その中に割って入るどころか、一気に押しのけて「車種検討リストの先頭」へと昇りつめた、ラグジュアリーカーブランドの頂点の一角。エグゼクティブ層を中心に新車販売台数も好調に推移しているが、東京都心の路上では、もはや数字以上の存在感を示していると言ってよいだろう。

2ドライバーの意志に鋭い切れ味で応えながら、優雅に振る舞うドライビングの幅広さと奥深さは、想像をはるかに超えていく。

海外市場での歴史を含めても30年と、まだ「若い」ブランド。にも関わらず、日本車のシンボルである「信頼性」を極めるだけでなく、かつては欧州車のみがまとった「品格」まで備えてしまったのだから、人気が出ないわけがない。車好きの大人なら、誰もが一度は憧れる存在となったが、問題はプライスだ。高い車種なら4ケタ超が当然となれば、「気軽に乗れる」とは言えない。

  • 室内空間では、人との接点のあり方を機能美として表現している。
  • ドライビングを支える性能を追求したフロントシート。

ところが、その価格ゆえに諦めていたのであれば、今後はチャンスがあるかもしれない。と言うのも、この春、新コンセプトに基づく中古車拠点がグランドオープンを果たしたのだ。これまでの認定中古車に加え、「地域中古車」という新発想を導入した新拠点。そこで今回は、令和とともに都心に到来した「レクサス新時代」を検証してみよう。

 

>>認定のユーズドカテゴリが2系統。
その違いをゼネラルマネージャーに聞いた。

 

「レクサステディベア」または「オリジナルキャップ」をプレゼント!

「レクサステディベア」または「オリジナルキャップ」をプレゼント!

レクサス東京 ガレージ荻窪
TEL: 0120-126-511TEL: 0120-126-511https://lexustokyo.jp/dealer/ogikubo_ltg

Recent Newsトピックス

PAGE TOP

最近見た記事

  • 最近見た記事はありません。