Special Issueビズスタ特集

男は、弱い。だからこそ、女性の強さに 感謝したい。

男は、弱い。だからこそ、女性の強さに 感謝したい。

2019年1月24日 PR

映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』

家族の絆を描いた宮川サトシの自伝的エッセイ漫画。物語は作者が実際に体験した実話で、母親との最期の日々から葬儀、そしてその後の生活の日々が描かれている。
まずタイトルで、そして内容で…母子の溢れる愛情がSNSなどでも「涙腺崩壊」と話題を呼んだ同作品が、待望の実写映画化。今回は、主演の安田顕氏に、作品の見どころと「母への想い」などを伺った。

―原作をお読みになっての感想はいかがですか?
愛する母親の死に直面した時の主人公の視点に引き込まれました。私はまだ両親が健在で経験がないので、「なるほど、こういう心境になるのか」と。

―その主人公を演じる上で気を配った点は?
原作からは、悲しみいっぱいで涙が溢れるというよりも、「温かさにじんわりと涙が滲む」という印象を受けましたので、そこは意識してトライしました。あとは、作品独特のユーモアの表現方法でしょうか。

―印象に強く残るタイトルがSNSなどでも話題を呼んでいますね。
とても目を引きますが、でも、「遺骨を食べたい」という感情自体は理解できます。骨って実はさほど特殊な存在でもないですし、自分を育ててくれた人の想い出を慈しむ行為ですし。お母さんに対する宮川さんの想いの強さ、愛情の深さがよく伝わるタイトルだと思います。

―母親が亡くなった後の息子、そして夫の二人を見ていると、愛情の深さと同時に男性の弱さ、繊細さも感じました。
そうですね。女性が強くあってくれるからこそ、男性は弱くなれる。女性の強さ、母の強さ…素晴らしいですよね。素直に尊敬し、感謝したいです。

―母への愛情は非常に強いのですが、子どものような甘え方ではないのが「大人の男性」ですよね。
「そこまでやったら相手に嫌われるだろう」ということが出来たり、自分の見せたくないところを見せられるのが、母という存在ですよね。自分の弱い部分、嫌な部分をさらけ出せるだけでなく、それも含めてすべて肯定してくれると信じている。それが、大人の男性としての「母への甘え」なんだと思います。

―母親と手を繋いでいる幼少期のシーンが印象的でした。安田さんも、一緒にどこかに出かけた想い出はありますか?
毎年、家族旅行でキャンプに行っていました。道中の車内で母が歌を歌ったり、親父が炭を起こしたり…。特段にすごいエピソードはないかな(笑)。でも、きっとそれでいいのでしょうね。小さな記憶も楽しく想い出せるのは、旅の魅力でもありますし。

―では、「これから連れて行きたい場所」ならどうでしょう? 出かけてみたい旅先はありますか?
たくさんありますよ。でも、世の男性陣と同じですね…「なにぶん今は忙しくてね」という言葉を出さざるを得ません(笑)。
そう言えば、先日、私の誕生日に、「これからも私を楽しませてください」と書かれたメールが届きました。まずは仕事という形で親孝行、ですね。

―最後に、読者へのメッセージをお願いします。
多くのビジネスパーソンの皆さんは、仕事面でピークを迎えておられると思います。私もその一人なのですが、ピークの今だからこそ「この仕事から距離を置いた時に、自分はどう生きて行くのか」を考えたいと思います。こうして親のことを想う機会も含めて、いろいろなことを念頭に置かなければならない世代。「お互い頑張りましょう」とお伝えしたいですね。

※ヘアメイク:西岡達也(ラインヴァント) スタイリスト:村留利弘(Yolken)

俳優 安田 顕 さん
1973年12月8日、北海道生まれ。演劇ユニット「TEAMNACS」に所属。舞台、映画、ドラマなどを中心に全国的に幅広く活動中。硬派な役から個性的な役まで幅広く演じ、これまでに100本以上の作品に出演。主な出演作として、ドラマ「下町ロケット」 (15・18)/TBSなど人気ドラマに多数出演。映画では「愛しのアイリーン」(18/吉田恵輔監督)、「龍三と七人の子分たち」(15/北野武監督)ほか、2019年には「ザ・ファブル」(江口カン監督)、NHK連続テレビ小説「なつぞら」への出演が決まっている。

映画「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」2019年2月22日(金)全国順次ロードショー
©宮川サトシ/新潮社 ©2019「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」製作委員会
【配給】アスミック・エース 【出演】安田顕、松下奈緒、村上淳、石橋蓮司、倍賞美津子 【監督・脚本】大森立嗣 【原作】宮川サトシ「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」(新潮社刊) 【音楽】大友良英 【主題歌】BEGIN「君の歌はワルツ」(テイチクエンタテインメント/インペリアルレコード) http://bokuiko-movie.asmik-ace.co.jp/  公式Twitter:@bokuiko_movie  #ぼくいこ

【STORY】頼りないが優しい息子・サトシと明るくてパワフルな母・明子。平凡でユーモラスな宮川一家の日常は、母が突然ガンを宣告されたことによって変化していく。サトシは恋人の真里に励まされながら母のために奔走し、家族は戸惑いながらも支えていく。そして…母と別れて1年後、やっと家族それぞれが新たな人生へのスタートをきった頃、サトシの元に突然、母からプレゼントが届く。それは、想像をはるかに超えた特別な贈り物だった―。

PAGE TOP

最近見た記事

  • 最近見た記事はありません。