Money金融

政策金利11.25%  今、注目を浴びている 高金利通貨メキシコペソ

政策金利11.25% 今、注目を浴びている 高金利通貨メキシコペソ

2024年1月25日 PR

好景気の背景は米中の対立  上り調子が続くメキシコ

②

日本で円安・低金利が続く中、外貨預金やFXへの関心が高まっている。中でも最も注目すべき通貨と言われているのがメキシコペソ/円。その理由について、FX等を取扱い、世界の金融情勢に詳しいサンワード貿易㈱大阪支店長の宮部さんに伺った。

「背景にあるのは米中の対立です。米国への輸出が厳しくなった中国がメキシコに生産拠点を移したことにより、メキシコの対米貿易量が急増し中国を抜きました。この好景気を受けメキシコペソは、対円の通貨価値がコロナショック以降、約4年間で約100%上昇したのです。」

「もう一つのポイントがメキシコの政策金利です。日本は今もマイナス0.1%ですが、メキシコは11.25%とかなりの高金利となっています。このため、メキシコペソ/円で買ポジションを持っていると、日々この金利差の調整分(スワップポイント)が入ってきます。」一般的には高金利の国は危ういと思われがちだが、メキシコの失業率は日本と並ぶほど低く長期的な成長が見込める国とも言われているようだ。

他に注目すべき商品を尋ねると、「ズバリ金に注目しています。金価格はこの20年間上昇を続けており、ドル建てで約6倍、円建てでは約10倍になっています。」不安定な国際情勢も手伝い、その価値を高める流れはしばらく続く可能性が高いという。

初心者でも分かるメキシコペソと金の1分動画はこちら

 

対面重視のサービスで選ばれるサンワード貿易

しかし、こういった状況を的確に掴んで実績を上げていくのは難しい。そこで頼りになるのがサンワード貿易㈱の直接対話を重視した、きめ細やかな対面サービスだ。

「対面コースのお客様には必ず担当者が付き、リアルタイムの情報やデータを直接提供します。また、テクニカル分析等もご案内することでお客様の金融リテラシーの向上をサポートしています。」

手厚いサポートのもと、大阪支店ではメキシコペソ/円や金への投資を軸に実績を上げるお客様が増加し、2021年からの3年間でお客様からのFX預かり金額は約3.7倍になり、お取引口座数も約1.6倍に増えているという。FXや金投資に興味のある方はぜひサンワード貿易㈱に相談を。

いきなり個別相談はハードルが高いならセミナーに行くのもいい。オンライン会場も合わせて年間300件以上も開催しているのでHPでチェックしてみてはいかがだろう。

大阪セミナー  詳しくはこちらから

③

サンワード貿易株式会社 大阪支店


TEL: 0120-964-066 TEL: 0120-964-066 https://www.sunward-t.co.jp/index.html

住所/大阪市北区堂島浜1-4-16 アクア堂島NBFタワー 西棟14F
資料請求・お問い合わせ:0120-964-066
受付時間:平日9:00〜18:00
[商品先物取引業者]経済産業省20221205商第7号 農林水産省指令4新食第2087号 日本商品先物取引協会会員 [金融先物取引業者]関東財務局長(金商)第2789号 一般社団法人金融先物取引業協会会員 日本証券業協会会員
免責事項
https://www.sunward-t.co.jp/lp/dm_menseki/

セミナーにお申込の際、「ビズスタ」と記入で、マダムシンコとコラボのバームクーヘンをプレゼント。

セミナーにお申込の際、「ビズスタ」と記入で、マダムシンコとコラボのバームクーヘンをプレゼント。

サンワード貿易株式会社 大阪支店
TEL: 0120-964-066TEL: 0120-964-066https://www.sunward-t.co.jp/seminar/osaka/

Recent Newsトピックス

PAGE TOP

最近見た記事

  • 最近見た記事はありません。