Mono & Fashionモノ&ファッション

丁寧な修復で見事に蘇える「実用的」なアンティーク。

丁寧な修復で見事に蘇える「実用的」なアンティーク。

2020年3月26日 PR

本来の味わいを保ったまま清潔感と使い心地を高める

古いものは、なぜか私たちの心を惹きつける。一朝一夕では生み出せない味わい。現在では見られなくなった意匠。作り手の想いと使ってきた人の愛情が伝わる、ぬくもりある表情。そういった「古いもの」の代表ともいえるのがアンティーク家具だろう。インテリアに興味をお持ちの方なら、一度は「わが家にもアンティーク家具を取り入れてみたい」と思ったことがあるのではないだろうか。重厚な雰囲気の部屋にはもちろん、マンションなどのモダンな空間にも意外なほどよく合う。

だが、いざ実際に購入するとなると、古いが故のちょっとしたガタつきや、汚れが気になってしまうのも事実。味わいはそのままに、清潔で機能的にも申し分ないアンティーク家具が欲しい。そんな夢のような希望を叶えてくれる店が、神戸市東灘区に店を構える「神戸家具」である。

kansai_P3_2

同店で扱うのは1881〜1940年代のイギリスのアンティーク家具がほとんどで、その特徴は、アメリカやフランスのものと違って造りが小ぶりで、日本人の住まい方や好みに合うこと。そしてここからが同店のすごさなのだが、買いつけた家具を自社工場でレストアする際、ダメージのある箇所は部品にばらし、劣化した接着剤をはがして新しい接着剤を入れ直し、もう一度組み立ててしっかり締め直す。このため、その家具本来の風合いを保ちながらも非常にしっかりした仕上がりになっている。

またなんと、洗浄も施される。木材を水洗いすると割れや反りが出る恐れがあるため敬遠する業者も多いが、ホコリなどの汚れや染みついた生活臭までも取り除くため、大きなリスクを承知のうえで実行する。こうして白木に近い状態まできれいにされた家具はもう一度塗装が施されるが、その塗料も自然塗料にこだわり、経年変化の味を再現しながら丁寧に仕上げられる。

kansai_P3_3

これらレストアの技術の高さは、実は1946年に創業した同店がオーダー家具づくりから始まったことに由来している。家具をイチから作り上げる技術を持つベテランの職人がレストアを行うからこそ、アンティーク家具ならではの味わいを残しながら長く愛用できる品質を実現できるのだ。こうした仕上がりの見事さや清潔感は、実際に家具を目にしなければなかなかわからない。見た目はもちろんしっかりと暮らしで実用できるアンティーク家具をお探しの方は、ぜひ同店に足を運んでみてほしい。


オンラインショップ

http://antiquekobekagu.blog.fc2.com/


 

 

アンティーク家具ショップ 神戸家具

アンティーク家具の販売
TEL: 078-414-7131 TEL: 078-414-7131 https://bella-vita.jp/

神戸市東灘区森南町2-1-1
営業時間/10:00~19:00 定休日/火曜日・第1・第3水曜日

お会計から10%オフ

お会計から10%オフ

アンティーク家具ショップ 神戸家具
TEL: 078-414-7131TEL: 078-414-7131https://bella-vita.jp/

Recent Newsトピックス

PAGE TOP

最近見た記事

  • 最近見た記事はありません。