Health & Beautyヘルス&ビューティー

「肌の再生医療」  肌細胞で若々しく甦らせる。

「肌の再生医療」 肌細胞で若々しく甦らせる。

2021年5月27日 PR

再生医療をトータルで提供。関西では数少ないクリニック
肌機能を回復させる
新しいアンチエイジング

いつまでも若々しく、美しくありたいという思いは、老若男女を問わず人類の願いだ。医学は日々進歩しており、再生医療を用いた治療の発展は目覚ましい。最近では、先端医療を駆使すれば、以前の若さに近い状態まで近づくことが出来る。

今、注目を集めているのがアンチエイジングの根本治療となる「肌再生医療」だ。
再生医療とは、傷ついた組織を修復し、再び機能を回復させる画期的な先端医療。その中心的な役割を担うのが幹細胞を用いた幹細胞治療だ。

ウェルネスビューティクリニック大阪院では、幹細胞治療における細胞増殖や活性化による機能回復力に着目し、肌の再生に特化した「真皮線維芽細胞治療」を行っている。

シワやたるみなどの肌老化は、加齢やストレス、紫外線などのダメージによって、肌の真皮幹細胞から分化して生成される真皮線維芽細胞の減少や劣化によって引き起こされる。真皮線維芽細胞には、肌の潤いと弾力の元となるコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンを、肌の真皮層で生産させる働きがあるため、エイジングケアには欠かせない細胞だ。

真皮線維芽細胞治療では、自分の皮膚から採取し、細胞培養加工施設で培養して増殖させた真皮線維芽細胞を、再び自身の気になる部分に移植することで、細胞の働きを活性化させる。コラーゲンなどの生成が活発になり、肌にハリを与え、自己再生で、まるで時間を戻したように、若いころの自分の肌をもう一度手に入れることができるというわけだ。

AI

自分の幹細胞を培養し
細胞レベルで若返らせる

真皮線維芽細胞治療は、肌機能そのものを回復させる根本治療。細胞レベルで活性化されるので、肌のハリやツヤがよみがえり、加齢によるシワやたるみ、肌のくぼみも改善し、エイジングケアも期待できる。また、注入によって肌細胞の量を補い肌の組織が若返るため、何もしない肌と比較すると、肌老化のスピードが遅くなることも期待できる。定期的に再注入すれば安定して効果を実感できるだろう。

幹細胞治療のメリットは、副作用がほとんどないこと。美容医療で一般的に使われるヒアルロン酸やボトックスのような人工物ではなく、自分の幹細胞を培養して注入するので、アレルギーなどの心配がなく体への負担も少ない。ヒアルロン酸やボトックスは体内に吸収されるため効果も限定的だが、細胞は肌の一部となるので消失しない。また、3~6カ月程かけて徐々に肌の状態が回復していくので、術後に顔の印象が大きく変わることもなく、自然で健康的な若返りが得られる。

治療では、老化の進行が遅いといわれる耳の裏から、米粒大ほどの皮膚片を採取する。採取した皮膚から肌細胞を抽出し、約1万倍に培養・増殖させる。肌細胞の凍結を希望すれば、マイナス196℃で凍結保存することも可能だ。保管された細胞は、数年後~十数年後、再び肌へ移植することができ、将来の治療に備えられる。

実は、先端医療の幹細胞治療を行える医療機関は限られる。当院では、厚生労働省に受理された医療計画に基づき、患者自身の幹細胞を用いた再生医療を実施。肌再生だけでなく、肝障害治療や動脈硬化、ひざ関節障害、がん治療なども行う。

昨今、美容医療のニーズは、女性に限らず、美意識の高い男性にも多い。身だしなみにこだわる職業柄、肌の再生医療をビジネスツールのひとつと考える人もいる。これからのアンチエイジングは、肌そのものを若返らせる時代だ。

理事 堀江 基 医師 Motoi Horie

経歴
1991年 兵庫医大入学卒業後、兵庫医大病院第二外科学教室入局
1993年 竜野第一病院外科勤務
1994年 医療法人錦秀会 阪和病院外科勤務
1995年 医療法人誠仁会 大久保病院外科勤務
1996年 鐘紡記念病院外科勤務
1998年 西宮回生病院勤務 外科部長
2000年 ほりえクリニック開院 院長就任
2008年 医療法人基翔会設立 理事長就任
2020年 医療法人仁由会ウェルネスビューティクリニック
    大阪院勤務

理事/副院長 前原 律子 医師 Ritsuko Maehara

経歴
2009年 国立大分大学医学部 卒業
2009年 神戸大学医学部附属病院にて初期臨床研修
2011年 神戸市立医療センター西市民病院 外科
2014年 神戸大学医学部附属病院 食道胃腸外科
2014年 神戸大学大学院医学研究科 博士課程 入学
2016年 神戸大学大学院医学研究科 博士課程 修了
2016年 医療法人前幸会 ささゆりヘルスクリニック 開院
2020年 医療法人仁由会 ウェルネスビューティクリニック
     大阪院 副院長就任

理事長/院長  山本 一仁 医師 Kazuhito Yamamoto

理事長/院長
山本 一仁 医師
Kazuhito Yamamoto
経歴
1991年 京都府立医科大学医学部 卒業
     京都府立医科大学第一外科入局
2002年 社会保険神戸中央病院外科医長に勤務
2003年 ビバリーヒルズクリニック 院長就任
2010年 ウェルネスクリニック大阪梅田院に勤務
2011年 梅田美容山本クリニック院長就任
2015年 医療法人仁由会 ウェルネスビューティクリニック
    大阪院 院長就任

落谷 孝広 博士 Ph.D Takahiro Ochiya

Wellness Beauty Clinic Science Advisor

ウェルネスビューティクリニックでは、マイクロRNAやエクソソーム研究、がん領域において世界をリードしてこられた東京医科大学教授・落谷孝広博士をサイエンスアドバイザーとしてお迎えし、先端医療の技術や、再生医療を安心・安全な医療体制で皆様へ広くお届けできるように致します。標準治療では補える事のできない、がん治療中のサポート・がん予防に至る皆様のライフスタイルに合わせた健康維持をサポート致します。

費用(保険適応外自由診療)

●初診料+血液検査 …¥15,000
●全顔初回費用(初診料+血液検査 +
皮膚採取(バンク60)+移植費用(初回2回分+
培養細胞料(8cc))…¥1,695,000

幹細胞治療・真皮線維芽細胞治療・iNKT治療・免疫細胞療法・幹細胞培養上清・PRP療法

医療法人仁由会 ウェルネスビューティクリニック 大阪院

肌の再生医療など
TEL: 0120-487-425 TEL: 0120-487-425 https://wbc.or.jp/

住所/大阪市北区曽根崎2-15-29 ADビル梅田9F
診療時間/全日10:00〜19:30

初診料(¥15,000)をサービス

初診料(¥15,000)をサービス

医療法人仁由会 ウェルネスビューティクリニック 大阪院
TEL: 0120-487-425TEL: 0120-487-425https://wbc.or.jp/

Recent Newsトピックス

PAGE TOP

最近見た記事

  • 最近見た記事はありません。