Topicsトピックス

上質な時間とドラマチックな感動で満たされる、「飛鳥Ⅱ」クルーズ

上質な時間とドラマチックな感動で満たされる、「飛鳥Ⅱ」クルーズ

2019年7月30日

PHOTO b y 中村康夫

2019年ディスカバー・アジアクルーズ

1819

2008年、「飛鳥」上海寄港の様子。この時点では上海タワーはまだなく、約10 年の間に街のスカイラインは大きく変貌した。

 

ゆったりと、日常を忘れて旅をしたい―。そんな人はぜひクルーズ旅行に出掛けてみてはいかがだろう。日本を代表する客船「飛鳥Ⅱ」には現実から解き放たれた極上の寛ぎと、ドラマチックな感動が詰まっている。全長241mの巨大な船体はまさに洋上に浮かぶラグジュアリーホテルそのもの。船内には趣向をこらしたレストランやラウンジをはじめ、大海原を望むプールやサロン&スパ、劇場、シアター、カジノなど、驚くほど充実した施設があり、多彩なクルーズライフを楽しむことができる。

爽やかな潮風を浴びながらデッキで朝食を、ドレスアップしてレストランでフレンチディナーをなど、非日常の世界に身を置きながら多彩な食を味わえるのもクルーズ旅行の魅力。船内での食事は一部のメニューや店舗を除いて、すべて旅行代金に含まれているので、旅行中だけは多少の食べ過ぎにも目をつぶって、ぜひ存分に楽しんでもらいたい。

2019年11月、「飛鳥Ⅱ」はエキゾチックなアジアの港町を目指して19日間の旅に出る。このコースは神戸を出港してから上海、香港、ハイフォン(ベトナム)、高雄(台湾)、那覇、鹿児島という個性豊かな6都市を巡る贅沢なクルーズである。通常の旅行でこれだけの都市を一度にまわるのは体力的にも時間的にもほぼ不可能だが、それを可能にしてしまうのがクルーズ旅行である。動くホテルとも表現されるクルーズ船だけあって飛行機を乗り継いだり、荷造りをくり返したり、煩わしいことは一切ない。クルーズ旅行は非日常的な華やかさが注目されがちだが、体力的な負担が少ないという現実的なメリットも大きな魅力である。さらに世界を朱色に染めながら沈みゆく太陽、夜空を埋め尽くす満天の星、果てしなく続く水平線など、洋上だからこそ出会える息をのむような景色も船旅の醍醐味である。dining_resultpool_result

旅行代金(21室利用時 お一人様)単位/円

【お得な情報】

早期申込割引は2019831()までにお申込みのお客様に適用となります!

郵船トラベルお申込みのお客様限定-名古屋から新神戸までの往路新幹線(普通車指定席)をプレゼント!

 

客室タイプ

K:ステート

早期申込割引適用後の旅行代金:756,800

旅行代金:946,000

 

F:ステート

早期申込割引適用後の旅行代金:915,200

旅行代金:1,144,000

 

E:バルコニー

早期申込割引適用後の旅行代金:1,059,200

旅行代金:1,324,000

 

D3:ディートリプル

D:バルコニー

早期申込割引適用後の旅行代金:1,088,000

旅行代金:1,360,000

 

C:スイート

早期申込割引適用後の旅行代金:1,664,000

旅行代金:2,080,000

 

A:アスカスイート

早期申込割引適用後の旅行代金:2,124,800

旅行代金:2,656,000

 

S:ロイヤルスイート

早期申込割引適用後の旅行代金:3,780,800

旅行代金:4,726,000

 

※食事:朝18回、昼17回、夕18

※旅行代金には、日本の国際観光旅客税(1,000円)および各港の港湾諸税が含まれています。今後税額が増税または廃止された場合でも旅行代金に変更はありません。

※客室をお一人様でご利用の場合、客室K160%、客室FED130%、客室C150%、客室A180%、客室S200%の割増代金となります。

なお、お一人様でご利用いただける客室には限りがございます。

※オプショナルツアーは船会社が企画・実施いたします。(別料金)

01_飛鳥2_2019下_map_ディスカバー・アジア

11/19(火)神戸発 ▶ 12/7(土)横浜着

月日                                  発着スケジュール              入港       出港

11/19(火)                      神戸(日本)                                 17:00

11/20(水)・21(木)      クルージング                     –             –

11/22(金)                      上海(中国)                     12:00     停泊

11/23(土)                      上海(中国)                     –             24:00

11/24(日)・25(月)      クルージング                     –             –

11/26(火)                      香港(中国)                     9:00       17:00

11/27(水)                      クルージング                     –             –

11/28(木)                      ハイフォン(ベトナム)    7:00       19:00

11/29(金)・30(土)      クルージング                     –             –

12/1(日)                        高雄(台湾)                     9:00       17:00

12/2(月)                        クルージング                     –             –

12/3(火)                        那覇(日本)                     8:00       19:00

12/4(水)                        クルージング                     –             –

12/5(木)                        鹿児島(日本)                  8:00       17:00

12/6(金)                        クルージング                     –             –

12/7(土)                        横浜(日本)                     9:00

※天候その他の事情により航路が変更となる場合がございます。

 ASUKAII_C2019_result

 PHOTO b y 中村康夫

名古屋発 爽秋の仙台・函館クルーズ

5泊6日

先ほど紹介したアジアクルーズのようにある程度まとまった日数の船旅にでかけるのは、 やはり現役世代の人にはまだ少しハードルが高いかもしれない。定年まで待てない人や、もう少し気軽にクルーズ旅行を楽しみたい人にはぜひ爽秋の仙台・函館クルーズをお薦めしたい。

10月に名古屋から出港するこのクルーズはひと足早い秋の華やぎを求めて横浜、仙台、函館を巡る6日間のコースである。寄港地の仙台と函館ではそれぞれオプショナルツアー用意されており、仙台では日本三景のひとつである「松島」や、岩手県平泉にある世界遺産「中尊寺」などを訪れることができる。また、函館では異国情緒漂う街並み散策や函館山の夜景鑑賞など、寄港地での楽しみも充実している。もちろん、敢えてオプショナルツアーには参加せず、ぶらり気ままに街を散策したり、賑わいが落ち着いた船内でのんびり過ごしたりするのもいいだろう。さらに船内ではアルゼンチンタンゴのスペシャルライブが予定されており、華麗に繰り広げられるタンゴナイトもこのクルーズならではの魅力である。

「定年後はクルーズ船で世界を巡りたい」「一度は豪華客船に乗って旅をしたい」など、クルーズ旅行に憧れを抱く人はたくさんいるが、その一方でいざ出掛けるとなると、躊躇してしまう人が少なくない。それは、恐らく比較的長期に渡る旅行日数や旅行代金が関係しているのだろう。確かにクルーズ旅行は決して安いものではないが、高い代金を支払っても余りあるほどの価値がある。特に「飛鳥Ⅱ」には乗った人にしかわからない、不思議な魅力があり、驚くほどリピーターが多いのである。今回紹介した2つのクルーズはいずれも寄港日と終日航海日がバランスよくあり、「飛鳥Ⅱ」の魅力を存分に堪能できる内容である。ぜひ、憧れのままで終わらせず、ここでしか出会えないドラマチックな感動を味わって欲しい。

20160523_89Q7354_resultdeck_result

旅行代金(2名1室利用時 お一人様)※単位/円

客室タイプ・旅行代金

K:ステート        226,000

F:ステート         275,000

E:バルコニー     317,000

D3:ディートリプル         326,000

D:バルコニー                  326,000

C:スイート           500,000

A:アスカスイート              638,000

S:ロイヤルスイート           1,135,000

※食事:朝5回、昼4回、夕5回

※客室をお一人様でご利用の場合には、客室K、F、E、Dは130%、客室C、Aは160%、客室Sは200%の割増代金となります。

なお、お一人様でご利用いただける客室には限りがございます。

※オプショナルツアーは船会社が企画・実施いたします。(別料金)

 

03_飛鳥2_2019下_map_爽秋の仙台・函館クルーズ

10/2(火)名古屋発 ▶ 10/7(月)横浜着

月日                                  発着スケジュール              入港       出港

10/2(水)                        名古屋                                              16:00

10/3(木)                        横浜                                   8:00       11:00

10/4(金)                        仙台                                   8:00       17:00

10/5(土)                        函館                                   12:00     22:00

10/6(日)                        クルージング                     –             –

10/7(月)                        横浜                                   9:00

※天候その他の事情により航路が変更となる場合がございます。

 

【「Biz Life Style 名古屋」限定プレゼント】

Biz Life Style 名古屋(ビズスタ)」を見て、パンフレットをご請求いただいた方に、ウイスキーの樽を素材にした「ピュアモルト」オリジナルボールペンをプレゼントします。

先着20名様

 

~船旅のエキスパート、クルーズコンサルタントがご相談・ご要望にお応えします~

郵船トラベル株式会社クルーズセンター

450-0001

名古屋市中村区那古野1-47-1

名古屋国際センタービル18

 

官公庁長官登録旅行業務1267

101-8422

東京都千代田区神田神保町2-2 波多野ビル8

http://www.ytk.jp

 

資料請求・お問い合わせ

この広告だけではツアーをお申込みいただくことはできません。まずは資料(パンフレット)をご請求ください。

TEL.052-561-1354

受付時間 9:3018:00

クルーズセンター (土・日・祝日休業)

 

Recent Newsトピックス

PAGE TOP

最近見た記事

  • 最近見た記事はありません。