Health & Beautyヘルス&ビューティー

【薄毛治療】デキる男はすでに始めている! 30代が考える髪のお手入れ

【薄毛治療】デキる男はすでに始めている! 30代が考える髪のお手入れ

2019年11月28日 PR

髪の毛の悩みが仕事に及ぼす影響とは?

ビズスタ読者にとって、どれだけ身だしなみに気を使えるかは重要なこと。
見た目のブラッシュアップに欠かせない、髪の悩みを克服するための手段をご提案。

人と接する機会が多い社会人だからこそ、身だしなみには気を使いたいもの。ファッションはもちろん、スキンケアやヘアケアも怠ってはならない。20~50代の男性1600人を対象にした調査では、2人に1人が現在または過去に薄毛で悩んだ経験があることが分かった。どんなに仕立てのいいスーツを着ていても、髪にコンプレックスを抱えたままでは、営業先に赴く足取りも重くなる。薄毛についての悩みを解消した人に話を聞くと『打ち合わせの時に相手の視線が気にならなくなった」「挨拶をするときに頭を下げるのに抵抗がなくなった」と、仕事にもいい影響が出るようだ。髪の悩みを解決して、スムーズに仕事に取り組めたらビジネスパーソンとして嬉しいものだ。

 

※データは「2019年度アイランドタワークリニック調査レポート 1,600人に聞いた日本人男性の薄毛実態調査」より  ※薄毛対策についての認知度・期待度調査(アイランドタワークリニック調べ)

薄毛対策にはどんなものがあるか?

やはり世間の注⽬度も⾼いのか、昨今薄⽑治療に関する広告もよく⽬にするようになった。しかし、様々な広告のなかから⾃分にあった薄⽑治療を選ぶのは難しいと考える読者も多いのではないだろうか。そこで、参考にしたいのが⽇本⽪膚科学会がだしている「男性型脱⽑症ガイドライン」だ。このガイドラインでは、薄⽑治療にはどのような種類があり、どれが推奨されるかをランク付けしている。主な治療法は、「薬による治療」と「外科的な治療(植⽑)」だ。薬には内服するものと、頭につけるものがある。内服するものは、薄⽑の進⾏を遅らせる効果があるとのこと。現在薄⽑が進⾏しはじめている⼈や、将来を不安に思う⼈にとっては安⼼の材料となるだろう。頭につけるものは、髪の⽑に栄養を与えるのと同時に、栄養が届きやすい環境を作る効果がある。髪の⽑に元気がないなと感じる⼈は、これも試してみる価値があるかもしれない。どちらも注意が必要なのは、医薬品を選ぶということ。もっともらしいことを書き並べる広告もあるが、基本は医師に処⽅してもらうものや、薬局で購⼊するものを選ぶ⽅がいいだろう。外科的治療は、植⽑と呼ばれるものだ。外科的治療というと⾝構える⼈もいるかもしれないが、施術は⼀⽇で終わるものが多いという。原理は簡単、⾃分の髪の⽑を移動するという治療法だ。⾃分の髪の⽑を⾃分が気になる部分に移植することができるので、既に薄⽑が進⾏していて「ここに髪の⽑が欲しい」と思っている⼈には、検討する価値があるといえるだろう。

⾃分に合った薄⽑治療を選ぶことが重要

ここまで様々な薄⽑対策についてお話ししたが、結局のところ⼀番⼤事なのは、⾃分がどのようになりたくてそれに合った治療法はどれか、ということだ。飲む薬なのか、つける薬なのか、はたまた⾃⽑植⽑なのか。それぞれの特徴は前述した通りだが、それぞれにメリット・デメリットがありもちろんコストもかかる。しかし、⽇々精⼒的に仕事に取り組む読者にはその時間も惜しいと感じるかもしれない。そこで、効率よく情報を仕⼊れるのに医師に相談するというのはどうだろうか。薄⽑治療を専⾨にするクリニックの医師は髪の⽑のプロといえるだろう。薄⽑のメカニズムだけでなく、⾃分の薄⽑の状態を診たうえで、どうなりたいという希望に対して適切なアドバイスをくれるに違いない。ただ、⾃⽑植⽑は国内でも⾏っているクリニックが少ないというのはご存知だろうか。薬と違い、技術を要する薄⽑治療法だからこそ、それを⾏えるクリニックは限られてくるのだ。どんな治療法かまだわからない読者のために、⾃⽑植⽑を⾏うクリニックの医師に話を聞いてきたので参考にして欲しい。この記事を読む読者が⾃分に合う薄⽑治療法を⾒つけ、薄⽑の悩みを解消し、さらに活躍することを切に願っている。

 

教えて先⽣!「髪の⽑」のプロに聞くHOW TO
国内の植⽑シェア50%以上を誇るクリニックの先⽣に聞きました。

―「⾃⽑植⽑」とはどんなものですか?
葛⻄嘉亮⽒(以下 葛⻄) ⽇本⽪膚科学会による男性型脱⽑症(AGA)診療ガイドラインで認められている治療法の⼀つです。AGAの影響を受けにくい側頭部や後頭部から元気な⽑髪を採取して、薄⽑が進⾏しているエリアへ移植します。髪の性質は移植後も変わらないため、移植元の髪と同じように⽣え続けるのです。

 

―どうするか迷っているのですが・・・・・・
葛⻄ まずはお悩み相談の場として、気軽に無料カウンセリングをご利⽤ください。丁寧にヒアリングを⾏い、患者様に最も適した治療法をご提案いたします。患者様のご希望やご予算に合わせて、どのように植⽑するかのヘアデザインをプランニングをすることも可能です。

 

―どんな施術を⾏うのですか?
葛⻄ 当クリニックでは、極限までデザイン性と⽣着率を⾼めた⾃⽑植⽑「i-Direct法」を⾏っています。独⾃開発の超極細チューブパンチを使⽤することで、移植⽑も採取部もダメージを最⼩限に低減して負担をかけません。

 

―⼊院や通院は必要ですか?
葛⻄ ⽇帰り⼿術なので、遠⽅からの患者様も多いです。術後は翌⽇、半年後、1年後の検診だけで通院も必要ありません。疑問や不安に対しては、無料の検診やカウンセリング、電話相談などで⼿厚くサポートいたします。

 

―本当に⽣えますか?
葛⻄ 当クリニックには25,000件以上の症例データがあり、⽣着率は95%以上ですのでご安⼼ください。既存の髪の⽑に合わせて密度や⽑流を⾼精度でデザインすることで、より⾃然な仕上がりを実現できます。

 

MEMO

1. ⾃⽑植⽑は、⽇本⽪膚科学会が医学的に認める治療法の⼀つ
2. ⾃⽑植⽑の場合、移植後も移植元の髪と同じように⽣え続ける
3. 独⾃の「i-Direct法」は、極限までデザイン性と⽣着率を⾼めた⼿法
4. 「i-Direct法」の⽣着率は95%以上で、より⾃然な仕上がりを実現

 

 

アイランドタワークリニック福岡院 院長 / 葛西 嘉亮氏(かさい よしあき)

2001年、東京医科大学医学部卒業。
2001年、東京医科大学大学院。
2002年より亀田総合病院救急科、2008年より昭和大学藤が丘病院形成外科にて勤務。
2014年、昭和大学大学院医学研究科外科系形成外科学修了。2014年よりアイランドタワークリニック勤務。
2015年、アイランドタワークリニック福岡院院長に就任。医学博士。昭和大学藤が丘病院形成外科兼任講師。日本形成外科学会認定専門医。日本救急医学会認定専門医。日本臨床毛髪学会会員。


アイランドタワークリニック 福岡院
[住所]福岡市中央区今泉1-22-20 アベニュー天神ビル6F
[電話]0800-805-4099
[営業時間]10:00~19:00
[定休日]無休
[HP]https://www.fukuoka-itcl.com/
HPにて無料カウンセリング予約受付中

Recent Newsトピックス

PAGE TOP

最近見た記事

  • 最近見た記事はありません。